TDSコラム

健康的に痩せるための情報配信コラムです。

ダイエットに関するさまざまな話題を科学的なアプローチでご説明しています。

正しい知識でキレイにダイエットしましょう!

≫コラムTOPへ

月別アーカイブ

2015年04月27日

昨今の現状

2015年、時代はモノに溢れ簡単に何でも手に入る時代になりました。

コンビニでは、商品が店を埋めつくさんばかりに並びます。
インターネットでは、クリックひとつで、商品が手に入り、子どもも大人も携帯の画面にかじり付いて、ゲームやSNSで「遊ぶ」という行為でさえ、ひとりでする事が出来ます。

日本人は元来、至ってシンプルな生活を送っていました。
朝陽が出たら働き、夕陽が沈んだら家に帰る。
食事は日に三回、もちろんケーキもチョコレートもありません、コーヒーも紅茶もハーブティーもありません。
一汁三菜を丁寧に頂き、また明日を迎えていました。

飽食の時代

現代を生きる私たちは今や『飽食の時代』と言われています。
コンビニ、ファストフード、お腹が空いたら、簡単にいつでも手軽に食事が出来ます。

今、私たちの食べている食事の一日の総カロリーは20歳以上の男性で約1846キロカロリー(2013年度、厚生労働省「エネルギー摂取量平均値」より)と言われています。
1975年(昭和50年)の日本人男性の食事の一日の総カロリーは2226キロにでした。
今を生きる私たちは今や『飽食の時代』と前述しましたが、このカロリーの差は現代が『飽食』と言えるのでしょうか?

1975年といえば『3C』(カー・クーラー・カラーテレビ)が揃えば、一人前の男だとされていました。

当時、第二次世界対戦で壊滅的打撃を受けた経済状況の中、国民皆保険、皆年金を実施ひた昭和30年代に高度経済成長期を迎えました。
この高度経済成長は日本の産業構造をシフトさせ、就業構造の変化をもたらし、多くの世帯はかつて、農林漁業など、「自営」という形で生計を立てていたものを工業化の進展等と共に、高等学校卒業、大学卒業し、企業に正社員として雇用され賃金で家族共ども、生計を立てるという、今の一般的な働き方に移行していきました。

1975年以降、エネルギー摂取量は減少し、主な食品群別摂取量ではここ10年ほとんど変化はありませんが、魚介類の摂取量は減少、平成21年より肉類と逆転をしました。
年代別に於いても魚介類の摂取量は減少、肉類は増加しています。

10人に1人が肥満児童

そして、1975年より肥満児童も3~4倍も増え、今では子どもの約10人に1人が肥満児童という変化があります。

子どもだけでなく、大人の肥満、特に男性の肥満は深刻な問題です。
食事の量は減ってきているのに、メタボリックシンドローム、メタボリックシンドローム予備軍の男性は非常に多く見受けられます。
これは、経済の発展と共に産業、つまりは働き方が変わった事が言えます。

身体を動かす事が主の第一次産業から、デスクワーク中心の身体を動かさない会社勤めの男性が増え「摂取カロリーは減っているのに消費カロリーが足りない」というスペクトラムを生み、運動不足となり肥満になる、ということです。

けれど、女性の肥満率は1975年より横ばいから、40代~50代ではスリムになってきたという結果が出ています。

これは、女性が家事や育児など基本の変わらない生活スタイルを持ちながらも、職場復帰をすることや、パートに出ること等が消費カロリーを増やしていると言われています。

消費カロリーの足りない『飽食の時代』、摂取カロリーを減らすのではなく、消費カロリーを増やしてみませんか?


このコラムは
EBH推進協議会理事長 森谷敏夫著
「ダイエットを科学する ~身体で食べず、頭で食べよう~」
の内容を参考にしています。

みなさんご存知でしたか?実は1975年の人のほうが、現代人よりも一日の摂取カロリーが多かったことを。ではなぜ、1975年当時よりも今のほうが「子どもの肥満」や「メタボ」が問題になっているのでしょうか?その答えがここにあります。

続きを読む

2015年04月21日

 

「メタボの正しい知識」

 近年、よく耳にする「メタボ」という言葉、つまり「メタボリックシンドローム」をみなさんは一体どのようなものかご存知ですか?

「メタボリックシンドローム」とは直訳すると「代謝異常症候群」のことで、「メタボリック」=「代謝」、「シンドローム」=「症候群」を意味します。
男性ですと、おへその高さの範囲が85センチ以上、女性では90センチ以上でセルフチェックが可能です。

更に、この基準に加え、高脂血症、高血糖、高血圧のうち二つに該当すれば「メタボリックシンドローム」と言えます。

メタボだからという理由で、お医者さんからダイエットを薦められますが、野菜中心の食生活、適度な運動、規則正しい生活など、そう簡単に続けられるものではありません。

「炭水化物をぬく=水分が抜けているだけ」

ちまたでは簡単なダイエットとして、炭水化物を抜く、「炭水化物ダイエット」や、それだけを食べる、「リンゴダイエット」などがあります。
たとえそれで体重が減ったとしても、単純に一時的に水分が落ちただけで、実は「脂肪は落ちていません」。

しかも炭水化物は、体を活動させるのにとても重要な栄養素なので、それを抜くことは危険なのです。
第一、そういう類いのダイエットは、身体だけの負担だけではなく、リバウンド率も高くなり、心や精神、神経にもよくないことが証明さえています。

「メタボは、疾患予備軍」

年齢を重ねてげっそりしているより、ふっくらしている方がいいんじゃない?と思われる方もいらっしゃるかも知れません。

ですが「メタボリックシンドローム」になってしまってからでは遅いのです。
実はとても恐ろしい「疾患予備軍」とも言えるのです。

基本的に人間の細胞の数は減りません。「メタボリックシンドローム」の細胞は一個一個に脂肪が溜まった状態です。
しかし、この細胞が一定サイズを越えると、細胞が炎症を起こします。

炎症を起こすような脂肪の溜まった細胞から高血圧を引き起こす物質、普段は身体の各機能を正常にコントロールする生理活性物質(アディポサイトカイン)が悪玉となり出てきてしまいます。

この悪玉の生理活性物質は、血糖のコントロールを悪くし「糖尿病」を引き起こします。

細胞が炎症を起こす頃には、血管も炎症を起こし、動脈硬化、脂質性異常(血中脂質、コレステロール、中性脂肪が高い状態、代表的なものはトリセグリド)を起こし動脈硬化が進めば血栓を形成する遺伝子が細胞から出て、血栓が出来ます。

血栓が出来、脳の血管が詰まると脳梗塞になり、心臓の冠動脈が詰まると心筋梗塞と言う重い病気になります。

「メタボ → 糖尿病 → アルツハイマー」

驚くべき事実として「糖尿病」を発症した人には、アルツハイマーを発症する確率が最も高いといデータがあります。

九州大学久山町研究では、1961年から50年に渡り、800人もの糖尿病患者の追跡調査を行いました。
治療を受けていた方で、内臓脂肪が多かった方のアルツハイマーの発症率は追跡当初はゼロだったのが、なんとその後、15年間でアルツハイマーを発症し、4.6倍もの方が亡くなっていました。
しかも、ガンでは、一般の人に比べ、3倍も多い方が亡くなっています。ガンは今や、日本人の死因1位として日本人の二人に一人が患う病です。

また、アルツハイマーは認知症のひとつとして、高齢化が進む中、大きな問題となっています。
アルツハイマーは、遺伝なども関係しますが、どのようにはじまるかは分かっておらず、脳の障がいは約10年前からはじまっていると言われています。

人によっては治療により、症状の悪化を抑えることは出来ますが、現在のところ、この深刻な疾患に対する治療法はありません。
つまり、「メタボにならない」という予防しかないのです。

「メタボリックシンドローム」が引き起こす様々な疾患。これらは、ダイエットを実践する生活習慣で予防が出来ます。
テイコクダイエットスクールで、怖い事態が来てしまう前に、心も身体も軽くなるダイエットを行いましょう。


このコラムは
EBH推進協議会理事長 森谷敏夫著
「ダイエットを科学する ~身体で食べず、頭で食べよう~」
の内容を参考にしています。

近年、よく耳にする「メタボ」という言葉、つまり「メタボリックシンドローム」をみなさんは一体どのようなものかご存知ですか?「メタボリックシンドローム」とは直訳すると「代謝異常症候群」のことで、「メタボリック」=「代謝」、「シンドローム」=「症候群」を意味します。。。。。。

続きを読む

2015年04月21日

----------------------------------------------------------
この記事は、テイコクダイエットスクールのスクール生の皆様に
送付させていただいているメールマガジンを転載しております。
----------------------------------------------------------
(EBH推進協議会理事長 森谷敏夫著より抜粋)
皆さん、こんにちは!テイコクダイエットスクールです。
 ヾ(・ω・`)ノ ハロー
 
お米に代表される炭水化物や糖質を抜くと、体重は簡単に落ちますが、それは脂 肪が落ちたんではなくて、水分が出ただけです。
 
30代以上の男性の2人に1人は、巷で騒がれているメタボリックシンドローム だと言われています。脂肪の細胞の数は変わらない ので、お腹が出てくるとい うことは1個1個の脂肪の細胞に脂がたまったということです。
そして、脂肪の細胞がある一定のサイズになると炎症が起き、やがて高血圧や高 血糖などを引き起こす【アデポサイトカイン】が出 てまいります。これが曲者ですね。
 
糖尿病は甘いものを食べているからなるのでもないし、必ずしも遺伝でなるわけ ではありません。この【アデポサイトカイン】とい う物質がコントロールを乱 して静かに病気を進行させるのです。
 
しかし、世の中のおっさんは知識もないし、いまいちわからへんでこう言います。
『腹が出とったて、どこも痛いとこあらへんやんけ!』
少しだけ知って、少しだけ意識するだけで体型は変わっていくのです。

2015年04月06日

今や、現代病のひとつでもある「うつ病」。

この病気の解明には、今でもたくさんの研究がなされております。
最近の研究の結果は、もしかしたらあなた自身やあなたのご家族のうつ予防策にもなるかもしれません。

特に食にまつわるデータは、正しいダイエットをしていくうえでも重要な情報といえます。

今回は、絶対聞いておきたいうつ病にならないための防止策をいくつかご紹介します。

証言1「お酒をのむ人は気をつけよ」

まず、うつ病にかかりやすい職業で最もポピュラーなものが、サラリーマンです。ではなぜ、サラリーマンがうつ病になりやすいのか。

「ストレスが多いからじゃないの?」と思う方がほとんどだと思いますが、それもありますが、実際は少し違うようです。
研究の結果から解った驚くべき事実があります。

それは、意外にもサラリーマンの主食がお米ではなかったことです。
特に夕食では、お米の代わりに「ビール」を飲むのです。

ビールはお腹が膨れますので、お米がいらないと身体が勘違いしてしまいます。
ストレス発散のために飲んでいるビールの存在は、決して悪くはありませんが、それによってお米をとらないことが、うつ病の原因のひとつにもなっているというのです。

証言2「お米をちゃんと食べよ」

穀物の中で、特にお米の中には、人間が健康に暮らすために必要な成分がたくさんつまっています。
お米などの穀物をまったく食べないでいると、「セロトニン」という物質が作れなくなってしまうそうです。

では、このセロトニンという物資はなんなのか。

セロトニンは、簡単に言えば、脳内に「幸せ」と感じさせる物質です。
ドーパミンやノルアドレナリンに並ぶ3大神経物質で、人間の睡眠や感情や食欲の調整などに大きな影響を与えると言われています。

一般的に、このセロトニンが不足すると、精神的な疾患に陥りやすいともいわれています。
ストレスを回避するために、甘いものやタンパク質ばかりの偏った生活をしていると、セロトニンがつくれず、余計にうつ病などになりやすくなるということです。

それでは、正しくセロトニンを増やすにはどうすればいいのでしょうか。

証言3「セロトニンを増やせ」

セロトニンを増やすには、お米などの穀物をしっかり取るだけではなく、セロトニンの材料となる「トリプトファン」という必須アミノ酸とビタミンB6を増やさなければいけません。

それではどんな食材にトリプトファンやビタミンB6が多く含まれているのでしょうか?

それは豚肉とかマグロ、鮭、海老、牛の肝臓、乳製品、豆類、ほうれん草、にんじん、小麦胚芽、全粒粉などです。 
このような食材を好んで食べたいですね。

また、セロトニンを増やすには、その他にもまだまだ大切なポイントがあります。
それはずばり、「規則正しい生活」です。
人によってライフスタイルが異なりますが、一般的にいうと、「早寝早起き・適度な運動・太陽光を浴びる・よく噛む」ことです。
特にセロトニン神経の活性は昼に活動し、夜は寝るという動物としての本来のリズムを守ることが重要です。

また、ダイエットを実践されるみなさんなので、「よくかむ」という実践を大切にしてほしいですね。
胃腸の消化を助けるとともに、食物の栄養の吸収率が高くなるので、今日からでも開始してほしいです。
穀物を摂らない(炭水化物抜きダイエットなど)ことはうつ病になりやすい身体をつくっているということになります。

あなたも規則正しい生活で、正しく健康にダイエットしましょう。


このコラムは
EBH推進協議会理事長 森谷敏夫著
「ダイエットを科学する ~身体で食べず、頭で食べよう~」
の内容を参考にしています。

今や、現代病のひとつでもある「うつ病」。この病気の解明には、今でもたくさんの研究がなされております。最近の研究の結果は、もしかしたらあなた自身やあなたのご家族のうつ予防策にもなるかもしれません。特に食にまつわるデータは、正しいダイエットをしていくうえでも重要な情報といえます。今回は、絶対聞いておきたいうつ病にならないための防止策をいくつかご紹介します。。。。。

続きを読む

ページの先頭へ