TDSコラム

健康的に痩せるための情報配信コラムです。

ダイエットに関するさまざまな話題を科学的なアプローチでご説明しています。

正しい知識でキレイにダイエットしましょう!

≫コラムTOPへ

月別アーカイブ

2015年02月26日

 (EBH推進協議会理事長 森谷敏夫著より抜粋)

◇間違いだらけのダイエット
●基礎代謝の減少と体重増加の関係!?とは

皆さん、こんにちは!テイコクダイエットスクールです。

筋肉がなくなれば代謝が落ちる。

50歳くらいの人の基礎代謝は20歳の時と比べて概ね5%、多い人だと7%落ちるそうです。
たとえば2,000kcalで体重が変化しない人の基礎代謝が1%低下したら1日20kcal余ることになります。
と言うことは・・・・・

20kcal×365日=7,300kcal なので、1年で身体に1kgの脂肪が付くことになります。
代謝が5%落ちたら5kg太ることになりますよね。

しかし、少し安心してください。単純にそのとおりにはなりません。そうならないように脳が自律神経で食欲をコントロールしますから、若い時よりも食欲を抑制するホルモン「レプチン」が分泌されて、食欲があまり出なくなるのです。

そうやって何とか調整しているのですが、やはり破綻する人がいて多くの方が中年太りを起こすわけなんですね。

私と共にラクに楽しく痩せましょう!

2015年02月03日

(EBH推進協議会理事長 森谷敏夫著より抜粋)

◇間違いだらけのダイエット
●脂肪は急に増減しない!?とは

皆さん、こんにちは!テイコクダイエットスクールです。
ヾ(・ω・`)ノ ハロー

体脂肪というのは短期間で増えたり減ったり致しません。

食べて動かなかったら余ったカロリーはゆっくりゆっくり長い年月をかけて身体 に脂肪として蓄積されていきます。

しかし、皆さん「増えた~減った~増えた~減った」と大騒ぎいたしますが、ア レ、実は身体の50%以上を占める“水”が出入りしただけなのです。

体脂肪が減るのと体重が減るのとは同じではないのです。

基本的に身体の脂肪は、簡単についたり減ったりしません。

時間がかかるんです。

だから、引越しなどして一気に2キロ減ったなんていうのはあれは間違いなのです。

水分が出入りしているだけなのです。

私と共にラクに楽しく痩せましょう!

追記:
この記事の内容に関しまして、別記事にて脂肪は急に増減しない事について詳しく書いております。あわせてお読みください。

ページの先頭へ