TDSコラム

健康的に痩せるための情報配信コラムです。

ダイエットに関するさまざまな話題を科学的なアプローチでご説明しています。

正しい知識でキレイにダイエットしましょう!

≫コラムTOPへ

月別アーカイブ

2014年01月31日

皆さん、こんにちは!テイコクダイエットスクールですヾ(・ω・`)ノ ハロー

前回は運動の種類についてでしたが、それではどの程度負荷をかければいいか?
今日は運動の強度についてお話させていただきます。

酸素を取り込む能力のことを最大酸素摂取量といい、体力増強を目的とした場合は
MAXの60%~70%にあたる運動の強さが良いようです。

減量を目的とした場合は50%くらいの強さが推奨されています。
実際の現場では測定できないので、簡単な心拍計を使って心拍数を確認しながら
適切な運動強度を計るのが良いでしょう。

少しややこしいのですが、目標とする心拍数は、
安静時心拍数+最大(心拍数(220-年齢)- 安静時心拍数)×50%
となります。

めんどくさいな!と感じる方は、「ややきつい。でも30分は続けられる。」とか
「冬でも少し汗ばむ程度」の運動などを主観的な目標を設定して続けてみてくだ
さいね!

2014年01月22日

皆さん、こんにちは!テイコクダイエットスクールですヾ(・ω・`)ノ ハロー

今回は美しく痩せるためのコツ、「運動の種類編」をお知らせいたします。

運動には「大きな筋肉」を使うものと、「小さな筋肉」を使うものと、
大きく2つがあります。

大きな筋肉を使う運動は、歩行・ジョギングなどで、小さな筋肉を使う運動は、
腹筋や腕立て伏せ、ダンベル運動などですが、歩行やジョギングなどと比べると
心臓により大きな負担をかけてしまうことになります(*´;ェ;`*) うぅ・・・

これらの運動は血管が圧迫され血の流れが途絶えやすく、疲労物質である乳酸が
たまり
やすくなります。
また、脂肪を燃やすための酸素が不足するので、脂肪が燃えにくくなります。

このような理由があるので小さな筋肉のみの連続運動はあまりお勧めできないと
いうこ
とになります。

酸素を十分に使って脂肪をしっかりと燃やせる「有酸素運動」は大きな筋肉のリ
ズミカ
ルな収縮を取り入れた運動であり、運動量が大きくなるだけではなく、筋肉のポ
ンプ作
用で血液が循環しやすくなるので、心臓への負担も軽くて済むのも大きな特徴です。

一般的に推奨されるのが、歩行・ジョギング・水泳・自転車こぎなどです。

これらの運動はジワーッと汗をかくので、身体の中で脂肪が「燃・え・て・
る~」って
実感がありますね。

次回は「運動の強度」についてお話させていただきます。(o^∇^o)ノ

私と共にラクに楽しく痩せましょう!

2014年01月14日

皆さん、こんにちは!テイコクダイエットスクールですヾ(・ω・`)ノ ハロー

運動で美しく痩せるコツをシリーズでお伝えいたします。

お医者さんが数多くの薬剤の中からその人の症状や病気の進行状況に合わせて
最も適した薬を処方するように、運動の専門化が携わって、健康的に
肥満を解消していくための運動処方はとても大切です。

ただ闇雲に身体を動かすだけではなく、

①運動の種類
②運動強度(運動負荷)
③運動頻度
④運動持時間

をバランスよく決めていく必要があるのです。これが運動処方箋です。

仮に何も知識のない50代の男性が運動を始めた時、
たとえば息を止めて気張って腹筋や腕立て伏せやダンベル体操などをすると、
血圧が急に上がり、脳卒中や心筋梗塞などを誘発する恐れがでてきます。

このようなことを避けるためにも、安全で効果的な肥満に対する運動を学ぶことが、運
動許容範囲の小さな人や運動不足の人たちにはとても重要なことなのです。

次号は運動の種類についてお伝えいたしますね(o^∇^o)ノ

2014年01月06日

皆さん、こんにちは!テイコクダイエットスクールですヾ(・ω・`)ノ ハロー

日本では昔から、鏡餅を「神様へのお供え物」として用意する風習があります。
また、雑煮を正月に食べるという風習も、江戸時代から続いているようです。

日本の伝統的な風習なのですから、正月くらいはお餅を食べたいところですが、
一方、お餅は太りやすいというウワサは本当でしょうか?

【結 論】

「太りやすくありません!」

お餅のカロリーは1個50gとしてだいたい120kcalです。
ご飯お茶碗一杯が150gで250kcalなので特にカロリーが高い食べ物ではありません。

おせち料理の中で特に高カロリーなものと一緒に食べたり、きな粉餅やあんころ餅にして
食べ過ぎるとカロリーオーバーということになりますね。

私は元旦だけで5つのお餅をペロッと平らげました。d(>∇<;)ゆるちて♪

我が家の三箇日は元旦は白味噌、翌日からはおすましでお餅をいただきます。
大体毎日5個以上は食べますが、炭水化物なので脂肪にはなりませんから、
結構な量を食べておりますが、自然と蒸泄する水分で体重コントロールできております。

お餅はもち米からできていて、うるち米のご飯より粘り気があります。
この粘り気の成分はアミロペクチンというものでもち米には多く含まれております。

この粘り気成分は、消化酵素で分解されにくいため、消化にとても長い時間がかかります。
これがお餅は腹持ちが良く空腹感を感じにくい理由なのであります。

このようなことを知っていただき、上手にお餅と付き合っていただければ
スマートさを維持できそうですね∩(´∀`)∩ワァイ♪

ページの先頭へ