TDSコラム

健康的に痩せるための情報配信コラムです。

ダイエットに関するさまざまな話題を科学的なアプローチでご説明しています。

正しい知識でキレイにダイエットしましょう!

≫コラムTOPへ

ダイエットの意識・非運動性熱産生(NEAT:ニート)を増やす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年05月14日

皆さん、こんにちは!テイコクダイエットスクールです

というわけで本日は森谷教授から教わったダイエットの真実、第2
弾!です。

皆さん、ご存知でしょうか?
国民一人あたりのカロリー摂取量のピークは昭和50年の1日2226kcalで
平成23年は1846kcalだそうです。

高脂肪な欧米食が日本に蔓延して現在のほうがカロリーを取り過ぎ
ている感がありますが、実は昔のほうが摂取していたのですね

飽食の時代なんてのは真っ赤なウソ!

もちろん高齢化が進んでいるという理由もありますが、これは〈お
米の摂取量の差〉だそうです。

宮沢賢治の「雨ニモマケズ」にもありますように、昔の日本人は1
日に玄米を4合食べていたのですのね。
大きめのおにぎりにしたら10個ですよ!

ではなぜ現代人はメタボが増えているのでしょうか?

答えは簡単。運動不足です。
特に男性にこの傾向が多いです。

食事は減ってきているのに、それ以上に動かないから食べ過ぎたの
と同じ状況になっているわけです。

動かなければ必ず太る!

そこでタイトルにもあります非運動性熱産生(NEAT:ニート)をど
う上げるかがポイントとなってくるわけです。

ニートとは日常の何気ない動作のことを言います。

1日のカロリー消費は
①約50%が基礎代謝 
②食後誘発性熱産生 
③運動(1時間歩行ではたったの100kcal)
④NEAT(非運動性熱産生)→1日の何気ない動作すべて
これだけなのです。

1日の大半の時間を占める何気ない動作をどのように意識するかが、
現代のダイエットのポイントとなる!と先生はおっしゃいました。

食事が減ってきているのにブクブク太ってきています。

安静時を1とした場合のエネルギー消費倍率は立っている動作は
1.2倍、階段を登れば8.0倍もカロリーを消費するそうです。

つまり一日中座っている人と一日中立って仕事をしている人には大
きな差が出てくるようです。

次号はもう少し詳しくお伝えしていきますね(o^∇^o)ノ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭へ