TDSコラム

健康的に痩せるための情報配信コラムです。

ダイエットに関するさまざまな話題を科学的なアプローチでご説明しています。

正しい知識でキレイにダイエットしましょう!

≫コラムTOPへ

月別アーカイブ

2012年02月21日

皆さん、こんにちは!テイコクダイエットスクールです。

こどもの肥満に、親の影響はどのくらいあるのでしょうか?

これまでの研究によると、、両親がふたりとも肥満の場合、一緒に
暮らしている子どもの80%は肥満になるらしいのです。

母親だけが肥満であると、その子どもは70%,父親だけが肥満であ
ると、その子どもは30%、両親ともに正常体重ならば、子どもだ
け太るという例は10%ということです。

ヒトの成長の過程で脂肪細胞の増えやすい時期は3回あることも分
かって来ました。

最初がお母さんのお腹の中の胎児の時期、次が生まれてからの1年
間、そして3回目が、思春期です。
この時期に太ると痩せにくい体質になるそうです。

このように見ていくと、肥満は体質に加え、生活習慣や環境にも大
きく左右されそうです。

日常生活で接する時間が長いお母さんの影響は、特に多いのです。

私と共にラクに楽しく痩せましょう!

2012年02月11日

皆さん、こんにちは!テイコクダイエットスクールです。

太っている人やダイエットしても痩せない人には共通して仰る言葉
があります。

私の友人でも中には
「それほど食べてないのにねぇ?」
とか
「食事には気をつけているのに痩せないなぁ?」
挙げ句の果てには
「水しか飲んでない!」・・・・・・

〈嘘つけ?、水はカロリーあれへんわい〉Σq|゜Д゜|p

と思いながら、友達なのでやさしくアドバイス申し上げるのですが。

ここで気をつけないと行けないのは健康に良いと言われている食べ
物にこだわり過ぎることです。


〈男性編〉
・健康ドリンク、果汁入りジュース、牛乳を水がわりに飲む
⇒ 食事の偏りの気にしすぎ


〈女性編〉
・乳製品を摂り過ぎる
⇒ 骨粗鬆症を気にするがあまり

・子どものお弁当を作る家庭
⇒ 冷凍食品のフライが多くなる


〈お年寄り編〉
・TVで紹介された食品素材に関連した健康食品を追い求める
⇒ ココア 黒酢 バナナ 納豆

・カステラやアンパンというしっとりした、柔らかい、甘い菓子を
食事がわりにする

・乳製品を冷蔵庫の欠かさず置いている ⇒ 便秘や脱水を気にし
て意外に多いのが乳製品の摂り過ぎです。重ねて食べるとかえっ
てコレステロールや体脂肪が増えてしまします。


目にいいと言っては、朝食のパンにブルーベリージャムをたっぷり
塗って食事したり。
やり過ぎると血糖が上がりすぎてしまいますよね。

食品はこだわり過ぎないように気をつけましょうね!

私と共にラクに楽しく痩せましょう!

2012年02月07日

みなさんこんにちは縲鰀(^O^)/
今回は日常生活で出来る簡単運動法です縲鰀!(^^)!


意識して「痩せる歩き方」のコツをつかみましょう!

◆ポイント1
正しい姿勢で立つ

肩・腰が床に対して水平であることを意識してまっすぐに立ちまし
ょう。
体をまっすぐにキープするためには、ウエスト部分の筋肉を意識し
て上半身を引き上げることがポイント!
呼吸を止めずに、ゆっくりと行いましょう。


◆ポイント2
かかとで着地

脚の付け根から踏みだすと、脚全体の筋肉を使うことにつながります。
かかとで着地してまっすぐに足をおろし、しっかり地面に接地します。


◆ポイント3
後ろ脚で体を前に送る

後ろ脚の親指と人差し指を意識して地面を押しましょう。
後ろ脚全体の筋肉を使い、体を前に送りだします。
骨盤が傾かないように、しっかりと後ろ脚で支えて上体を前に押し
だすように意識。


◆ポイント4
後ろ脚を引き寄せる

上体が大きく上下しないように関節の柔軟性を高めた歩きを心がけ
ましょう。
関節を効果的に使うと、写真のように、左右の膝のポジションが上
下せずに同じ高さになります。
腕は90度に曲げ、引くことを意識しましょう。


・普段無意識に行っている「歩く」と言う動作を意識するとなかな
か難しいものですが、少しの意識で変わりますので毎日続けてく
ださいね。


いつもあなたのそばに

2012年02月03日

皆さん、こんにちは!テイコクダイエットスクールです。

米国のブレスロー博士は、疫学的な調査をもとに健康習慣を7つあ
げ、「このままの習慣を続けるとしたら、あと何年生きられるか?」
という平均余命をみています。

氏が唱える健康習慣とは

①タバコを吸わない
②大量にお酒を飲まない
③定期的に運動する
④適正な体重を保っている(太っていない、痩せすぎていない)
⑤7?8時間の睡眠をとっている
⑥ほぼ毎日朝食を摂る
⑦あまり間食はしない

この①?⑦の該当する生活習慣の数によって余命を算出している研究です。

例えば45才の男性で該当する健康習慣の数が6?7つある人は、
あと39年。

同じく45才の女性では42年。同じ45才で健康習慣の数が3?
0の男性は28年、女性は35年が平均余命というデータがあります。

各国で提唱されるさまざまな健康習慣を見ても、どうやら

【肥満を解消】
【運動する】
【タバコはやめる】

ということは共通のようですね?。

私と共にラクに楽しく痩せましょう!

ページの先頭へ