TDSコラム

健康的に痩せるための情報配信コラムです。

ダイエットに関するさまざまな話題を科学的なアプローチでご説明しています。

正しい知識でキレイにダイエットしましょう!

≫コラムTOPへ

月別アーカイブ

2010年02月25日

皆さん、こんにちは!テイコクダイエットスクールですヾ(・ω・`)ノ ハロー♪

私は今、岡山におります。

目的は「あるセミナー」を受けるためです。

昨日から泊りがけで、先週の土曜日と合わせて本日で3日目です。

はっきり申しましてこのようなことが自分でできるなんて信じられ
ません、というところまで来ました。

「どんなセミナーですって?」

・・・それは「アクティブ・ブレイン・セミナー」と申します。


先生は小田全宏さんという、松下政経塾を出られて人間教育を一貫
して実践されているホンマに凄い人です。
この方の凄さは語ればキリがないのでこちらを参照してください

→ http://www.odazenko.jp


このセミナーを2日間受けて何が出来るようになるか?

先ずは単語を無限に順番通りに覚えれるようになります。
例えば、

りんご→ペットボトル→絵画→パソコン→坂道・・・

といった具合に頭にズコズコ入れていきます。

私は2日間で200個程度順番通りに頭の中にインプットしました。
しかも何番が何かという具合に覚えていけます。

ワケの分からないカタカナもスラスラ頭の中に入ってきます( ;´)Д(` ) <うそ?ん
なぜこのようなことが誰にでもできるのでしょうか?

それは「イメージ」することを中心にそれを「連結」したり、「分
解」したり「磁石」のように引っ付けたりすることでできるように
なるのです。ホンマに凄い世界があるものです。

頭の可動領域が10倍になった不思議な感覚です(○*´⌒`Pq) ォメデト★。+゜

このセミナーはいわば記憶力を高め、頭の構造を知り、今後の人生
を大きく変えてくれるようなセミナーと感じました。

さて、そのセミナーで感心したことがあります。それは格段に記憶
を飛躍させることに関してのお話です。


記憶を飛躍させるには・・・・

●「必ず記憶できるという自信と決意」を持つということ
●「目的とビジョンを強く持つ」ということ
●「感動する」ということ

できるという自信!いつまでにやるぞという目的意識!嬉しい、気
持ちイイという感動!

良い感情は脳の扁桃体がプルプルと震えて記憶にいつまでも残るそ
うです。

そして一番心にグサッときたのは、「脳のクセ」です(´・ω・`;A) アセアセ


これは私に言えることなのですが、もう少しのところでいつも「も
うええわ?」と投げ出しがちになるのは、実は「脳のクセ」、つま
り自分の脳が選んだ道なのだそうです。

そうです、それならば・・・・・

いつも出来るという自信を思うクセ、目的意識を思うクセ、大げさ
に感動するクセを付けて、脳に選ばせたらいいんですよね


なんか、ダイエットにも通じるモノがありますよね |ω・`)キタヨ| 

パパイヤを飲んで自分の脂肪がグチャグチャに溶けて遊離脂肪酸に
変化し、正常細胞に運ばれてエネルギーになって、腹筋がボコボコ
に割れてくる、あるいはキュッと締まった魅力のあるウエストにな
ると思うクセ、クセ、クセ((-ω-。)(。-ω-))ウウン

私と共にラクに楽しく痩せましょう!

2010年02月20日

皆さん、こんにちは!テイコクダイエットスクールです
ヾ(・ω・`)ノ ハロー♪


今回は毎日の食事に関してのお話です
゜.+:。d(ゝc_,・*)゜.+:。イイ!

新谷弘美先生の講演会に2回参加させていただいた時のお話から
“病気にならずに長生きできる”食事の理論をご紹介させていただ
きますね


《腸内環境を改善する食事 (新谷式食事法)とは?》

●食事の80%は植物性のモノを摂る
■穀物 豆類 玄米
■野菜類 きのこ類 根采
■果物類→パパイヤ、いちごはGI値が低くて酵素たっぷりです(・∀・)イイ
■海草類 わかめ 昆布 ひじき
■種子類 ナッツ

●残りの20%は動物性のモノを摂る
■魚介類 小エビ 小魚
■地鶏
■肉 乳製品はできるだけさける!?
→これは根拠を調べたことはありませんが、肉は脂肪分の多い
いものは避ける、また、乳製品は殺菌や成分の均一化の際に高
温殺菌処理をするので「酸化」されているかも?ぐらいに捉え
るのが良いかも知れませんね(。´・ω・)ん?


《体内酵素を補給する発酵食品とは?》
●納豆:ナットウキーナゼが血栓を溶かす←σ(´ x `;*)ンート・・・
●糠漬け:米糠発酵で野菜に含まれるビタミンの効果が高まる
●味噌:大豆サポニンが過酸化脂質の発生を防止する
●醤油:乳酸菌や有機酸の働きが殺菌効果をもたらす


《体内酵素の働きを高めるビタミン・ミネラルとは?》
■ビタミンA:がんの予防し活性酸素を除去する
■マグネシウム:体内酵素を活性化
■ビタミンB群:生活習慣病を予防
■セレン:活性酸素を防止し 強力な抗酸化剤
■ビタミンC:強力な抗酸化物質としてガン予防に働く
■鉄:血液 免疫成長に必要
■ビタミンE:細胞の老化を防ぐ
■亜鉛:体内酵素に生成に役立つ微量ミネラル
■カルシウム:骨粗しょう症を予防
■硫黄:活性酸素や有害物質などを中和する


食事というものは一説によると、30年後に体に影響すると言われ
ています。

そんなこと言ってたら我々はもうナニも考えなくていいのかいな
?!ってなってしまいますが、現代では急激な体重増加による”メ
タボ” アセアセ... ( -`Д´-;A)

肥満が引き金のメタボは「動脈硬化」に向かって確実に体を蝕んで
行きます。

そうならずに“いつまでも健康で明るく楽しい生活を送るために”
日々の食事と食事を摂るタイミングには十分気を付けて行きまし
ょうねφ(c・ω・ )ψ モグモグ

2010年02月15日

皆さん、こんにちは!テイコクダイエットスクールですヾ(・ω・`)ノ ハロー♪

今回も良いお水シリーズでいきます(*゚∀゚)ゞデシ!!

水は百楽の長と言ってもいいでしょう。

良いお水を飲むことで体内の水もよどみなく流れるようになり、酵
素も活性化し、若さと健康が保てるのです。


《良いお水の飲み方3つのポイント》
① 1日の量は1000?1500CC
② 毎食30分前にペットボトル(500CC)1本分飲む
③ 夜中は飲まない

夜中に目が覚めて喉がカラカラの時ってありますよね?

でもこんな時でも食道で逆流が起こる可能性があるので、できるだ
け避けたほうがよいみたいです。

逆流すると胃酸が混じった水が気管に入り、それを肺に吸い込むと
肺炎を起こす可能性があると言われております。

私はよく夜中に目が覚めて喉が乾き、ごくごくと炭酸ジュースを飲
んでおりました。

こわーっ【*;+スゴスギィイィ!!!+;*】*゚゚Д゚゚))ノ  もう、やめとこ。

水ってよくよく考えたら凄くありがたいものよね?

大切な身体に毎日入れるものですから、長年蓄積されますし、でき
るだけ良いお水を入れたいですよね?

ペットボトルのお水はガソリンの倍ほど高価ですもんね
(;`・ω・)ノ ---===≡≡≡【えぇ?!マジ?】

2010年02月10日

皆さん、こんにちは!テイコクダイエットスクールですヾ(・ω・`)ノ ハロー♪

最近はシリーズで体内の酵素を満たしてその恩恵を体中に充満させ、
病気にならない身体をつくるという「シンヤ・ビオジマ」という理
論で、腸と食べ物やお水や生活習慣について触れてまいりました。

本日は「良いお水の条件」についてお話させていただきます。
゚ヽ(゚´=Д=`)ノ゚。ヤッターン

《良いお水の条件6か条》
① 塩素を含んでおらず“酸化されていない”
② 水の分子(クラスター)が小さく、細胞内に吸収されやすいい
③ 還元作用(酸化を防止する作用)を持っている
④ 活性酸素の消去能力(抗酸化作用)を持っている
⑤ 弱アルカリである
⑥ カルシウム マグネシウム カリウム ナトリウム 鉄などの
ミネラル成分がバランスよく含まれている

これらの条件を満たしてくれるのが高濃度酸素水、還元水などです
(。´・ω・)ん?

体内でビタミンやミネラルを細胞に吸収するとともに、老廃物や毒
素を溶かし、体外へ排出してくれます。

そもそも私たちが毎日飲んでいるお水というものは、約15分で皮
膚に達し、20分で細胞全体に行き渡ると言われております
キタ ━━━ヽ(´ω`)ノ ━━━!!

水が体内や腸内できちんと循環することで腸内環境が整えられ、新
陳代謝がよくなり、胃腸の働きや排泄もよくなります。

また血中の中性脂肪や尿酸値なども減り、皮膚もみずみずしさを増
し、その結果、身体の健康と若さを保つことができるのです。

酸化されていない、吸収の良い、ミネラル豊富なお水はより効率良
く私たちの身体を整えてくれるのです。

毎日、お飲みいただいている、肥満細胞の脂肪を遊離脂肪酸に変え、
分解してくれるありがた?い「パパイヤジュース」もぜひともあり
がた?い「良いお水」で飲みたいものですね(´゚ω゚):;*.:;ブッッたまげ

2010年02月05日

皆さん、こんにちは!テイコクダイエットスクールですヾ(・ω・`)ノ ハロー♪

何か酵素なるものが私たちの身体に凄くいいという暗黙の了解が得
られてきた頃だと思います。前号でお話しました、体内酵素・ミラ
クルエンザイムについても少し詳しくお話してみたいと思います。


《シンヤ・ビジオマで最も重要なエンザイム(酵素)》

人間の体内には5,000種以上の酵素があるといわれており、日々の
食事から必要な酵素を作っています。

酵素の種類がこれほど多いのは一つの酵素は一つの働きしかしない
という特性をもっているからです。

たとえば、だ液に含まれる「アミラーゼ」という消化酵素は炭水化
物だけに反応します。どのように作られているのかはまだ明らかに
なっていませんが、多くの種類の酵素は必要に応じて体内で生成さ
れているといわれています。

では、特定の場所で特定の働きをするものが、決まった数だけ作ら
れているのでしょうか。それはどうやら違うようです。

前述の新谷弘実先生は特定の場所で特定の酵素が大量に消費される
と、身体のほかの部分で必要な酵素が不足する傾向があるという事
実につきあたりました。たとえば、大量にアルコールを飲み、肝臓
でアルコールを分解する酵素が大量に使われると、胃腸での消化吸
収に必要な酵素が足りなくなってしまうのです。

このことから、ドクター新谷は、必要に応じて特定の酵素に作り替
えられる以前の、どのような酵素にもなれる可能性を持った酵素が
あるのではないかと考えました。それが「ミラクル・エンザイム」
です。

酵素は特定の場所で特定の働きをするものが、決まった数だけ作ら
れるのではなく、まず原形となる酵素が先に作られ、それが必要に
応じて作り替えられ、そして、必要な場所で使われるのではないか
と考えたのです。


《遺伝子とエンザイム(酵素)の関係》
ここ数年、遺伝子の解明が進んでいますが、酵素も遺伝子によって
さまざまな作用が決められていることがわかってきました。

遺伝子解読の第一人者、村上和雄筑波大学名誉教授は、遺伝子が
「酵素をつくれ」と命令しているといいます。

しかし実際にはたらいている(スイッチオンになっている)遺伝子
は、わずか5?10%だそうですので、スイッチオンになる遺伝子
が増えるほど、私達の潜在能力が生かされるようになります。

新谷先生は、遺伝子が「酵素をつくれ」と命令するときに「ミラク
ルエンザイム」が利用されていると同時に逆に「ミラクルエンザイ
ム」が遺伝子スイッチオンへのよい影響を与えているのではないか
と考えています。

「シンヤビオジマ」を実践すれば、食べ物から積極的に酵素を取り
入れられるだけでなく、遺伝子のスイッチをオンにできるかもしれ
ません。
遺伝子と酵素のバランスのとれた関係が、私達の生命エネルギーを
活発にするのです。


《腸内細菌とエンザイム(酵素)の関係》
酵素を増やすには二種類しか方法がありません。

一つ目は体内での生成方法で二つ目は食物から摂取する方法です。

体内で作られる酵素には消化酵素と代謝酵素があり、その大部分は
腸内細菌がつくりだしているといわれています。 腸内細菌が喜ぶ
ような腸内環境を整える、つまり何をどのように食べるかが重要な
のです。

食べ物や腸内環境が悪いと酵素は減ってしまうのです。酵素は体内
にたまる毒素を解毒(デトックス)する事にも大量に消費されてし
まいます。酵素が少なくなると、老化が早まり、病気を引き起こす
原因となってしまうのです。

そうならないためにも「シンヤビオジマ」を実践して体内酵素を活
性化させ、酵素を生み出す腸内細菌が、活発にはたらけるような腸
内環境をつくることが大切なのです。

私は5年前に先生の講演を聞いてからはできるだけ過酸化脂質の多
い乳製品を摂らずに良い水を多く摂ることを心がけ、肉類の摂取を
抑えて、月に数回、自宅で腸内洗浄をして生ごみのお掃除をしてお
ります。

これは本当に気持ちイイですよ?.。.:*・゚(*ゝ∀・)。.:ィィ゚.+:。

ページの先頭へ