TDSコラム

健康的に痩せるための情報配信コラムです。

ダイエットに関するさまざまな話題を科学的なアプローチでご説明しています。

正しい知識でキレイにダイエットしましょう!

≫コラムTOPへ

自宅で簡単にできる 効果的なトレーニング方法 PARTⅠ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年12月05日

皆さん、こんにちは!テイコクダイエットスクールですヾ(・ω・`)ノ ハロー♪

前号では私の経験も踏まえて、リバウンドしない体作りには筋肉の
量を維持するというお話をさせていただきましたが、身体を毎日動
かすというのは億劫ですよね?。

でも大丈夫!(*^m^)o==3プッ

今日は1日5分で行う簡単トレーニングで、普段どおりの生活を送
っているだけで、エネルギーをたくさん消費してくれる身体を作る
方法をお話します。

筋トレの良いところは・・・・

① 基礎代謝が大きくなりエネルギーを消費しやすい身体になる
② 成長ホルモンやアドレナリンを分泌して脂肪を分解する

・・・ですよね。


以前、「加圧トレーニング」のお話をさせていただいたと思います
が、あのトレーニングと同じ原理で、いわば「脳をだます」ことに
よって1日5分の運動でも、効率よく筋肉をつけて脂肪を燃やす方
法です。

それは・・・
ご存知の方も多いとは思いますが、『スロートレーニング』、通称
「スロトレ」とも言います。その名のとおりゆっくりとした動作で
トレーニングする

このスロトレはなぜ脳をだますかというと、ゆっくりとした動きの
トレーニングで肉を緊張させ続けることにより、血の流れを制限し
ます。このため、筋肉に本来運ばれなければいけない酸素の供給が
できなくなり、ハードな運動を長時間した場合と似た状況が筋肉の
中で形成されます。

一時的にそうなると例の疲労物質“乳酸”が筋肉の中にたまり、こ
の溜まった乳酸を薄めようとして、筋肉が一時的に水ぶくれを起こ
します。この状態を“パンプアップ”と言います。これが脳をだま
した状態となるわけです。

それでは、実際の簡単なスロトレを紹介します。


●下半身編

① 先ず肩幅に立って両手を胸の前でクロスさせ、手のひらを両肩
の前につけてください。

② それから足はべた足にして、ゆっくりと、お尻を後方に突き出
すようにして、上体を前に傾けて、ひざを曲げます。その際、
ひざを最後まで曲げないようにしてください。

③ そこからゆっくりと元の位置に戻るように、ひざを伸ばします。

◆リズム
→ ゆっくりとしたリズムで1,2,3でひざを曲げ、4で最下点で止めます。
そこから5,6,7でもとの位置まで戻ります。


●上半身編
① まず両膝を床につけ、腕の幅は肩幅より少し広く腕立て伏せの
体勢を取ります。

② そこから腰をそらさないで、ゆっくりとしたリズムで、あごの
先端が床に着くまで腕を曲げます。

③ そこからゆっくりと元の位置に戻るように、腕を伸ばします。

◆リズム→ゆっくりとしたリズムで1,2,3で腕を曲げ、4であ
ごを床につけます。
そこから5,6,7で元の位置まで戻ります。

これをゆっくりと10セットやってみてください。

どうですか皆さん、(´・ω・`;A) アセアセ 結構キツイでっしゃろ?

頑張りすぎないように、顔晴ってくださいね(゚*゚)ノ ハイッ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭へ