TDSスタッフブログ

カテゴリー[健康]

2015年05月29日

みなさんこんにちは。

本日は、弊社が発行していますニュースレターの内容を紹介してみたいと思います。

腸内環境が、肥満や糖尿病の原因かもしれないというお話です。

------------------------------------

皆さん、こんにちは!

いよいよ夏を感じさせる季節になってきましたね。
私は夏に生まれたせいか、この季節になると食欲も旺盛になり活力が漲ってきます。

これは遺伝による体質なんだろうとずっと思ってきましたが、最近面白いテレビ番組に出会って少々考え方が変わりました。

それはNHKスペシャル「腸内フローラ」特集です。

私達の腸の中には100兆個もの微生物が住み着いており、いわばひとつの生態系を持っております。
それを腸内フローラ(腸内細菌叢)といい、この生態系はよっぽどのことがない限り一生変化しないようです。
ナント!️ウンチの半分近くはこの腸内細菌の死カスだそうです

テイコク薬局は永年に渡って腸内環境を改善できる方法を探しておりました。
なぜならば腸内は口から入れた物を最終的に身体の中に入れるか、外に出すかを選択し決定する大切な場であり、免疫を司るパイエル板が集中する場でもあり、小宇宙と呼ばれ生命の神秘を解明することができる場であると言われているからです。
その神秘的な場所もここ5,6年でかなりのことが分かってきたようです。

《肥満・糖尿病と腸内細菌》

太っている人の腸内にはバクテロイデスと言う菌が少ないそうです。

バクテロイデスは短鎖脂肪酸という物質を作り、その短鎖脂肪酸は脂肪細胞への脂肪の取り込みを防ぎ、脂肪燃やす働きがあるそうです。
太ったマウスと痩せたマウスの腸内の細菌を入れ替える実験をしたら、ものの見事に逆の結果が出ました。肥満は腸内細菌も関与していたのですね。

またこの短鎖脂肪酸はインスリンの分泌にも関係があり、減ると分泌が悪くなるので糖尿病になるようです。
つまり短鎖脂肪酸を作るバクテロイデスを増やせばいいわけですが、でも一体どのようにして?という疑問が湧きます。
番組では食物繊維とポリフェノールのジュースを患者さんに飲ませてバクテロイデスを増やし血糖値を改善していました。つまり腸内細菌が喜ぶ餌を与えるという発想ですね。

《性格と腸内細菌》

もうひとつ印象に残った実験がありました。

臆病マウスと活発マウスを使って、両者の腸内細菌を入れ替えると性格が変わるか?というとても興味深い実験です。
両方のマウスを台の上に乗せて台から飛び降りる時間を計測すると、活発マウスは十数秒で飛び降りましたが、臆病マウスは数分かかっても飛び降りませんでした。

このマウスたちの腸内細菌を入れ替えてみると全く逆の傾向が出たのです。このことは腸内細菌が性格にも関与しているということになります。

そしてもうすでにうつ病と腸内細菌の研究が始まっております。

《医学に革命を起こす腸内フローラ》

その他にも「便微生物移植」といって、難病の患者さんの腸内に健康な人の腸内細菌を希釈して移植する治療が紹介されていましたが、その患者さんはわずか2日後には劇的な回復しておりました。
またがんや認知症の予防など現代人が抱える病気をまるで調和してしまうような働きに感じました。

私達もようやく腸内フローラを改善するようなイノチのモトともいうべき「ミネラル」を見つけました。
近日中にお客様にご紹介させていただく準備に入っておりますのでご期待いただければありがたいです。
これからもテイコク薬局をよろしくお願い申し上げます。

  株式会社テイコク製薬社
代表取締役 畠山 兼一郎

------------------------------------

以上でした。

腸内環境は、性格にまで影響を及ぼすのですね。
皆さんも、一度腸内環境を見直してみればいかがでしょうか?

みなさんこんにちは。本日は、弊社が発行していますニュースレターの内容を紹介してみたいと思います。腸内環境が、肥満や糖尿病の原因かもしれないというお話です。------------------------------------皆さん、こんにちは!いよいよ夏を感じさせる季節になってきましたね。私は夏に生まれたせいか、この季節になると食欲も旺盛になり活力が漲ってきます。これは遺伝による体質なんだろうとずっと思ってきましたが、最近面白いテレビ番組に出会って少々考え方が変わりました。それはNHKスペシャル「腸内フローラ」特集です。私達の腸の中には100兆個もの微生物が住み着いており、いわばひとつの生態系を持っております。それを腸内フローラ(腸内細菌叢)といい、この生態系はよっぽどのことがない限り一生変化しないようです。ナント!️ウンチの半分近くはこの腸内細菌の死カスだそうです。。。。。

続きを読む

ページの先頭へ