TDSスタッフブログ

カテゴリー[その他]

2015年08月04日

 7/25放送の「世界一受けたい授業」で紹介された、低炭水化物ダイエットとは真逆のダイエット方法についての続きです。

その1はコチラをご覧ください。
http://yaseruzo.net/blog/2015/08/18785/

 
前回は「炭水化物抜きダイエットは脂肪ではなく、身体の中の水分が減るので痩せたように思ってしまう」という事について書かせていただきました。
今回はその他の事についてです。
 
京大の森谷先生は炭水化物が大事な理由として
「糖質は脳を動かす唯一のエネルギー」
であるとおっしゃっていました。
 
つまり、タンパク質や野菜をどれだけ食べても脳にはエネルギーがいかないわけですよね。
これについては番組内でくりぃむしちゅーの有田さんも、
「炭水化物を抜くダイエットをしているときは、頭がぼーっとして面白いネタが浮かばなかった」
とおっしゃっていました。
 
では、脳へのエネルギーはどれくらい必要なのでしょうか?
 
1日2000kcal摂る人の場合で、約2割(400kcal:おにぎり2.5個分)が必要なのだそうです。
つまりこれくらい炭水化物を食べないと頭がフルに働いてくれないので、ねむくなったりぼーっとしたりするわけなんですね。
 
炭水化物を抜くダイエットが痩せると言われているのは、脳をうごかす糖質が不足し、肝臓の糖質を使う。
肝臓の糖質が無くなると筋肉のグリコーゲンを水と糖質に分解して脳のエネルギーとして使う。
つまり、身体の中から水分が減るので体重がドカンと減るとおっしゃってました。
 
同時に、これは水分が減っているだけで、筋肉量も減ることから隠れ肥満になりやすく、まtら脂肪が燃えにくい身体になるそうです。
 
逆に、炭水化物を摂ると糖質が4倍の水と結合して筋肉に貯蔵されるので体重が劇的に増えるように見えるそうです。
これは脂肪が付いて体重が増えたわけではなく、水分が増えただけだそうです。
そう考えると納得ですよね。
 
また、低炭水化物ダイエットを20年間続けた時の死亡リスクについても番組でやっていました。
 高炭水化物:低脂肪・低たんぱく質
 低炭水化物:高脂肪・高たんぱく質
の2種類の生活パターンの人を対象に調査した結果、男性の場合は1.5倍、女性の場合は1.35倍で低炭水化物の人のほうがリスクが大きかったそうです。
 
つまり、食生活の違いでで隠れ肥満やガンになりやすいっていう事なんですね。
 
というわけで、今回は低炭水化物ダイエットの弊害について説明してきました。
 
テイコクダイエットスクールにゆかりの深い、京都大学の森谷先生がTVに出演されました。そこで紹介した「炭水化物を食べる」ダイエットについての解説その2です。

続きを読む

2015年08月03日

7/25に放送された「世界一受けたい授業」という番組をご覧になられましたか?
この日はテイコクダイエットスクールにもゆかりの深い、京都大学の森谷先生が出演されていました。

テーマは「痩せたければ炭水化物を食べろ」

今流行りの「低炭水化物ダイエット」とは真逆の、炭水化物を多めに食べるというダイエット方法について解説されておられました。

というわけで、まずはポイントをまとめてみます。

  1. 炭水化物抜きダイエットは脂肪ではなく、身体の中の水分が減るので痩せたように思ってしまう。
  2. 炭水化物が大事な理由:糖質は脳を動かす唯一のエネルギー
    炭水化物抜きダイエットは、脳にエネルギーが供給されないのでボーっとする
    一日の総摂取カロリー量の2割が脳のエネルギーとして必要
  3. 炭水化物を抜いた食生活の結末
    ・筋肉が痩せ細る
    ・体重は減る←脂肪の量はかわらない。 つまり「隠れ肥満」になる
    ・低炭水化物ダイエットを20年間続けた時の死亡リスク:男性1.5倍、女性1.35倍
  4. 炭水化物を摂る量は、総カロリーの約60%程度を目安にする
  5. 炭水化物を摂った後は体温が上昇する(エネルギーを消費する)
  6. ダイエットに効果的な運動は、NEAT(なにげない日常の運動)

というわけで、今日は(1)について詳しくまとめてみます。

 

炭水化物抜きダイエットは脂肪ではなく、身体の中の水分が減るので痩せたように思ってしまう。

炭水化物は摂取すると4倍の水分と結合し、グリコーゲンとして体内の筋肉の一部に貯蔵されるそうなんです。
つまり炭水化物を摂ると、身体の中の水分量が増えて「体重が増える」という事です。

逆に炭水化物を抜くと、筋肉に貯蔵されているグリコーゲンが消費され、身体の中から水分が抜けます。
という事は「体重は減る」という事ですね。

「じゃあやっぱり炭水化物は抜いたほうがいいじゃない」

という声が聞こえてきそうですが、そうではないのです。

炭水化物を抜くと身体の中から水分が減るだけで、脂肪が減るわけではないのです。
つまり、炭水化物を抜くと「体重は減るが脂肪の量が変わらない」ので、隠れ肥満になってしまうという事なんです。

長くなりましたので、(2)から後の説明はまた次回にしたいと思います。

テイコクダイエットスクールにゆかりの深い、京都大学の森谷先生がTVに出演されました。そこで紹介した「炭水化物を食べる」ダイエットについての解説です。

続きを読む

2015年06月16日

 祖父が竹下元総理ということで有名なDaiGoさんが、楽しく痩せる「メンタリズムダイエット」について語っておられました。(追記:ミュージシャンのDaiGoさんと勘違いしておりました)

メンタリストDaiGoが語るダイエットのモチベーションの保ち方 - ログミー : 
http://logmi.jp/66395

 
----------
ではダイエットの目標って何ですかね? 普通に考えると「痩せる」とか「何kgまで体重を絞る」っていうことを目標にしやすいんですけど、実際の目標は何か。

「ダイエットを続けること」が目標なんですよ。成果をあげることではなくて、続けることを目標にしてください。つまりダイエットが続けやすくするような、ねらい・目的を持って、目標を出してあげることが望ましいと僕は考えます。
----------
 
こういう事を書いておられます。
 
テイコクダイエットスクールでも、「ダイエットは継続することが大事」という事をいつもお伝えしているので、ちょっとうれしくなって紹介させていただきました(^^)
 
詳しくは、こちらのページをお読みいただければと思います。
DaiGoさんが、楽しく痩せる「メンタリズムダイエット」について語っておられましたね。メンタリストDaiGoが語るダイエットのモチベーションの保ち方。。。。

続きを読む

2015年06月12日

 カリスマブロガーのやまもといちろうさんが、昨日こんな記事を書いておられました。

ライザップの健康被害隠蔽やらブラック企業やらの話
 
非常にセンセーショナルな記事なのですが、この一文にダイエットの本質が隠されているような気がします。
 
このビジネスモデルで急成長するのが分かっていて、しかし大手のフィットネスクラブその他が似たようなビジネスに参入しないのは、トレーニングと食事療法の組み合わせで時間をかけて体質改善をし、急激には痩せさせないで長くスポーツに慣れ親しみ食事を改善することによって末永く健康であるようサポートするのが正しいと考える会社が多いからです。
 
「もし『二ヶ月で10kg落としました』というのが本当に望ましいダイエット方法であるならば、とっくに参入していますよ」という書き方ですが、これは個人差があると思います。
 
例えば体重100kgオーバーの人などあれば、二ヶ月で10kgくらいは許容範囲なのではないかと思います(ダイエットは一ヶ月で体重の5%くらいまでにしておくのがいいといわれていますので)
 
やっぱり、ゆっくりじっくり体質や生活習慣を変えて「太らない体を作る」のが一番大事なことなのですね。
 
テイコクダイエットスクールでは、有資格者カウンセラーの指導で、無理をすることなく健康にダイエットをサポートさせていただいております。
無料相談も実施しておりますので、ぜひご利用くださいね。
カリスマブロガーのやまもといちろうさんが、昨日こんな記事を書いておられました。ライザップの健康被害隠蔽やらブラック企業やらの話http://lite.blogos.com/article/116157/ 非常にセンセーショナルな記事なのですが、この一文にダイエットの本質が隠されているような気がします。。。。

続きを読む

2015年06月09日

みなさんこんにちは。

2月からテイコクダイエットスクールでダイエットされていた、40代男性のお客様がダイエット日記を公開されているのは、以前にもお伝えしていたと思うのですが、ついに先週-10kgを達成したとご連絡がありました。

 ≫日記ブログはコチラ

(ビフォーアフターの写真等も公開されております)

ほんとすごいと思います。目標達成おめでとうございました!

テイコクダイエットスクールで、ダイエット日記をブログで公開されていたお客様が、見事4ヶ月で-10kgの目標を達成されました。

続きを読む

2015年04月16日

 

みなさんこんにちわ。

今日の大阪は、寒さはちょっとましになりましたが、まだまだひんやりとした感じですね。
早く春が来ないかな。

ところで、最近ちまたで話題の「インスタインマイハンド」というのをテイコクダイエットスクールでもやってみました。それが、この記事冒頭の写真です。
厳密にはテイコクダイエットスクールのinstagramのアカウントは無いので、「フェイスブックインマイハンド」ですが。。。(汗)

モデルは、テイコクダイエットスクールのカウンセラー「クマちゃん」こと熊崎さんです。
熊崎さんはダイエットだけでなく、ビューティカウンセラーとして化粧品の事にもすっごく詳しいんです(^^)

クマちゃんのfacebookページはコチラ

 

「インスタインマイハンド」ってなに?って方にご説明

インスタインマイハンドとは、英語で書くと「Insta in my hand」で、「手の中のインスタ」という意味だと思います。

では、「インスタ」とは何の事なのでしょう?

インスタとは、Instagram(インスタグラム)という写真共有サービスの事です。簡単にいうと、写真や動画に特化したtwitterやfacebookという感じでしょうか。
最近は若い人を中心に結構使っている人が多いです。

で、そのインスタグラム上で、<自分のインスタグラムのスクリーンショット><自分の手の写真>とを合成してアップするというのが、ここ最近流行っているわけです。

今までだとこういう画像の加工は、デザイナーさんなどの専売特許だったわけですが、スマホの「PicsArt Photo Studio」という無料のアプリを使えば、簡単に作ることが出来るんですよね。

やってみたい!という方は下記のアプリをダウンロードしてみてくださいね。

PicsArt Photo Studio(外部サイトに飛びます)
iOSの方はコチラ
androidの方はコチラ

インスタグラムやtwitter等で「#インスタインマイハンド」と検索していただけると、ほかの人が作った写真がたくさん出てきますので、一度見てみてくださいね。結構楽しいですよ(^^)

最近ちまたで話題の「インスタインマイハンド」というのをテイコクダイエットスクールでもやってみました。それが、この記事冒頭の写真です。厳密にはテイコクダイエットスクールのinstagramのアカウントは無いので、「フェイスブックインマイハンド」ですが。。。(汗)モデルは、テイコクダイエットスクールのカウンセラー「クマちゃん」こと熊崎さんです。熊崎さんはダイエットだけでなく、ビューティカウンセラーとして化粧品の事にもすっごく詳しいんです。。。。。

続きを読む

ページの先頭へ